遅まきながら おめでとうございます。


2016.01.06 

今年も プランツパートナー よろしくお願いします。

暖冬の3が日、親戚の集まり以外 寝るかテレビ観戦の3日間。
勿論 箱根駅伝では、母校が独走の連覇。再びの感動の涙、涙で メデダシ メデタシ。

朝は、裏日の朝のように 愛犬ゴディ号と、早朝 駒沢公園へ。
無人のドッグランを貸切状態での毎朝。
日の出頃、帰り道で感じたのは、各家庭を見て 以前に比べ 門松 〆飾りが かなり減ってきていること。比較的、年齢層の高い ここらの住宅地でこれでは、若い家庭は もっと離れているのかなぁ。

はるか昔、幼少の頃の正月風景は、国旗(日の丸) 門松 〆飾りの3点セットが 当たり前なのが、国旗掲揚はともかく、門松 〆飾りも少ないのは 寂しいものだ。(そういう我が家も ワイフの宗教上の都合で、毎年、わずかに Christmasリースに正月飾りをつける程度だが)

暮れの花屋さんを見ても 総じて 元気の良い花屋さんは、住宅街立地の限られた店のみ。他の物日同様、スーパー、量販に任せてしまったのか。
花ビジネスは 冠婚葬祭や教室のみに 目を向けすぎ、あるいはギフトショップに特化し、店頭販売の売れ行きが 伸び悩んで久しい。

我々 仲卸にとっても 花屋さんが活発に売れてくれなければ 成り立たず、正月早々 問題提起をなげかけたものだ。
これには 需要創造以外 花業界の発展はないというのが 私の持論だが如何?